シンプラル法律事務所

〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング823号室 【地図】
TEL(06)6363-1860 mail:kawamura@simpral.com
   
(車椅子用エレベーター/トイレあり。ビルの東隣が有料駐車場。)


シンプラル法律事務所川村真文弁護士(大阪弁護士会)の個人・事業の債務処理(債務整理・個人再生・民事再生・自己破産)専用のホームページです。

早朝夜間祝日相談可。相談無料。予定が空いていれば即日相談も可能です。
(休日等で事務所(06−6363−1860)がつながらない場合は携帯(090−2040−1860)へお電話ください。)

「真の再生」のために 大切なのは(できる範囲で)責任を果たすこと

人は学び続けないと向上しないだけでなく、退化します。特に、変化の速い今日において、顧客に適正なサービスを提供するために、学び続けることが不可欠だと考えています。ほぼ毎日判例やドラッカーをブログにアップし、都度情報を追加することで、学び続けています。
(試験的に)この告知を掲載中の間、関西の非事業者の案件で、@債権者10社(人)以内、A受任後2か月以内に費用が用意でき、B(受任後)6か月以内に申立ができる事案で、Cこの告知を見たとお伝えいただいた場合、
破産(管財人がつく可能性のない同時廃止事案):23万円 再生委員がつく可能性のない個人再生(住宅ローン付きでないもの):25万円 住宅ローン付き個人再生:33万円で行います(この告知を見たとお伝えください)。
●借金問題は解決できます
現在の制度では、借金について、その免除(自己破産)・減額(個人再生)・利息制限法での引き直し及び将来利息のカット(多重債務整理)による解決が可能です。ですから、負債が原因で自殺することはありません。
(できる範囲で)責任を果たす
借金問題の場合、経済的には自己破産で負債の免除を受けるのが一番メリットがあります。しかし、借りたものは返済するのが原則であり、人として責任を果たすことが大切だと考えています。
ですから、当事務所では、安易に自己破産を勧めることはしません。@法律上の金利(利息制限法上の金利)で計算し直して負債額を確定し、それを分割払いで返済できるのであれば、債務整理(債権者との個別交渉による和解)を、A債務整理は無理だが、負債を減額すれば返済可能な場合には個人再生をアドバイスします。そのため、当事務所では、自己破産よりも可能な範囲で返済計画を立てることができる個人再生(個人民事再生)の案件の方が多いです。もちろん、破産か再生か債務整理かの方針選択についてご本人の意向を尊重しますし、負債を減額しても返済が無理な場合や、将来の子どもの教育資金等のために自己破産が適切な場合もあります。
生活について
自己破産によって債務の免責を受けても、再び多重債務に陥る人が少なくありません。(自己破産しても金を貸す業者はいくらでもいますし、破産に逃げられないことを知っている違法業者等からダイレクトメールが届きます。)自己破産は対処療法にすぎず、自分自身が変わることが大切です。

負債の免除・減額については裁判所が手助けしてくれますが、裁判所がこれからの生活の面倒を見てくれるわけではありません。様々な事情で収入が得られない場合のためには生活保護の制度があります。その場合、通常生活保護の申請を先行させ、法テラスを使っての破産申立となります。
まずは、督促を止め、真の再生に向けての一歩を踏み出しましょう。弁護士費用が用意できない場合には、分割払いにも応じますし、弁護士費用を立替払いする法テラスの制度もあります。まずは、ご相談ください(電話:06−6363−1860  E-mail: kawamura@simpral.com
多重債務についての相談は無料です。
同じことにならないようにするには、生き方を変えるしかないわけで、その特効薬はありません。依頼者の方で希望される方には、「The Daily Drucker(毎日ドラッカー)」(英語版)を自分なりに日本語でまとめたものを、週1回メールでお送りさせて頂いています。役立つかもしれませんので、ご希望の方は、お申し出ください。
方針選択の考え方
@:負債を減らさなくても、分割で返済可能⇒債務整理

A:(負債の5分の1と100万円のうち大きい方まで)負債を減らせば、3年〜5年で返済可能
住宅ローンがあり住宅を守りたい
個人事業を継続したい
個人民事再生

B:Aも無理⇒破産

ご案内

弁護士と事務所 (大阪府立箕面高校を経て)京都大学法学部卒
ノースウェスタン大学ロースクール法学修士を優等(GPA3.5以上)で取得
日本とニューヨーク州の弁護士資格有り
淀屋橋駅より徒歩7分
費用・ご相談 相談無料
土・日・祝日・夜間・(予定が空いていれば)即日相談可

個人の手続の説明
 注意点 まとめローンのデメリットや、住宅が守れない場合等・・・ 
 各手続の比較 個人再生(個人民事再生)・自己破産・(多重)債務整理の比較。
経験による感覚的なメリット・デメリットです。
 
個人再生(個人民事再生)とは 個人再生(個人民事再生)についての説明です。
自己破産・破産とは 自己破産・破産についての説明です。
債務整理とは (多重)債務整理(任意整理)とはどのような手続きか
過払請求とは 過払請求についての説明です。
個人再生(民事再生)・自己破産・債務整理の全てに当てはまります。 
 Q&A 誤解です ブラックリスト、生活保護等、多重債務(債務整理・個人再生(民事再生)・自己破産・過払金請求)についての誤解やQ&Aです。
   対応事例です  

企業の手続の説明
債務整理(多重債務整理)・個人再生(民事再生)・自己破産・企業再生については相談無料 清算型手続 企業破産・特別清算についての説明です。
 債務整理(多重債務整理)・個人再生(民事再生)・自己破産・企業再生については相談無料 再生型手続  企業の再生手続についての説明です。 
 債務整理(多重債務整理)・個人再生(民事再生)・自己破産・企業再生については相談無料 応用型  企業は清算しても事業を守る手法。 

  資料 (倒産関係)

ブログ等
ツイログ(テーマ制限なし) ツイッターでのつぶやきをブログ化したものです。

ブログ
(弁護士川村真文の視点)
 
 ブログです。
判例等をアップしています。


文責:シンプラル法律事務所(大阪)弁護士川村真文

〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング823号室
TEL:06−6363−1860 FAX:06−6363−1861
(車椅子用エレベーター/トイレあり。東隣が有料駐車場(MID堂島パーキング))
MAIL  淀屋橋駅から徒歩7分。大阪・京都・兵庫・奈良から便利
シンプラル法律事務所 弁護士 川村真文

  (多重)債務整理・自己破産・個人再生(民事再生)中心に解決のお手伝いをいたします。